ピラティスのやり方


ピラティスのやり方について紹介していきます。

ピラティスは、マットを使うヨガと違い胸式呼吸を主としています。

ですので、ピラティスでの呼吸を行う場合には、お腹に空気がいかないようにしてくださいね。

呼吸法のマスターには、DVDを確認しながら行うのがよいでしょう。

1.まず、背筋をまっすぐに伸ばます。そして、骨盤を床に対して垂直に保ってマットに座ります。

2.両手をろっ骨に軽く添えましょう。その際に肩が上がらないようにして肩甲骨をお尻の方へ引っ張ります。

3.肋骨の広がり具合をチェックするため、息を鼻から吸います。このときにろっ骨が左右と後ろにひろがっていることを確認します。※お腹で呼吸しないようにしてください。

4.お腹に意識を向けおへそと背中が近づいた状態で口から息を吐きます。肋骨が元の位置に戻るように息を吐き切ります。

以上のようなステップを色々なパターンで行っていきます。

この様な、呼吸や体の動きを意識することでインナーマッスルなどがエクササイズされ、体のゆがみが改善されていきます。

 

ピラティスは週に1、2回でもいいので続けていくことがよいと思います。

続けることで、体のインナーマッスルの筋肉がつきますので、
基礎代謝があがってきます。
そうすると無駄な贅肉もとれてきて、きれいな体のラインになります。
かなりのシェイプアップが期待できますよ。

注意点としては、続けることで腰痛などにも効いてくるのですが、
無理にエクササイズを進めることで痛みを伴う場合には、一旦おやすみするのがよいでしょう。
自分のペースを守ることがベストです。
マタニティの方は、絶対に無理はしないでください。


■ピラティスをやる場合には

・マットを敷くスペースを確保してください
・エクササイズは朝行うとよいでしょう。食前、食後はくださいね。
・ピラティスのエクササイズ頻度は週に2,3回以上が理想です。ただし、無理は禁物ですので自分のペースでおこなってください。
・ピラティスを行う時の服装に決まりはありませんので、動きやすい服装で行うといいでしょう。

ピラティスのやり方の関連記事

▲ピラティスのやり方トップに戻る