ヨガとピラティスの違い

ヨガとピラティスの違いは、呼吸法です。

ヨガは腹式。ピラティスは胸式。で行います。

ヨガの方がリラクゼーション効果はあると思います。

 

最近では、ホットヨガなどがOLさんなどの間でも人気ですよね。
1時間スクールに通ってやるだけでも相当な汗をかきます。
これにより、ヨガ終了後には相当な新陳代謝と爽快感が得られると思います。

一方ピラティスは、リハビリ用に開発されたトレーニングですので、リラクゼーションなどを主にしていません。

体の内側の筋肉のインナーマッスルを鍛えるにはとてもいいと思います。

続けていくと体の筋肉が整ってくるので基礎代謝もあがりますし、内臓などの器官が活発になったり
体調がよくなります。

綺麗なボディーラインを作ろうとすると言う点では「ピラティス」が適していると思います。

逆に、内分泌やホルモンの状態を良くして綺麗になりたいということであれば「ヨガ」の方がよいのではないでしょうか。

ヨガは、スクールによっては、冥想などを教える所もあるようです。

瞑想ができると日頃ストレスなどを抱えている人などには特にいいと思うのですが、落ち着いて毎日を過ごすことができるようになります。

ですので、瞑想も教えてくれるヨガスクールで学んで、自宅で寝る前にやるとかいいかもしれませんね。

ピラティスもそうですが、一日の終わりなどにやると筋肉がつくことが実感できると思いますよ。

もし、ダイエットに効くかどうかで選ばれているとすれば、ヨガとピラティスではヨガの方が軍配は上がると思います。

ただし、スクールに通うホットヨガがいいでしょう。

ホットヨガの場合には相当な汗をかくので新陳代謝につながります。また、筋肉も相当つくので基礎代謝があがります。

痩せたいという人にはピラティスよりヨガだと思います。

違いということで書くとこのような感じでしょうか。

ヨガとピラティスの違いの関連記事

▲ヨガとピラティスの違いトップに戻る