ピラティスとは?

ピラティスとは、1900年代初頭にジョセフ・ピラティス(ドイツ人)によって考案されたされているリハビリ用プログラムを言います。

ピラティスさんという方の名前が使われているわけですが、
彼はもともと、幼少のころから虚弱体質で、それを克服するためにスポーツなど身体運動について学びました。

それが、第一次大戦時に病院で看護師をして働いていたことで負傷兵のリハビリトレーニングとしてピラティスの開発をしたと言われています。

現在では、日本でも色々なスポーツジムや教室などで講座が多数開校されていたり、自宅でDVD講座を受講できたりするなど国内外に広がりを見せています。

日本でも全国的にスクールがあるため、OLや主婦層はもちろん男性にも人気をみせています。


ここまで、広がりを見せたのも、ピラティスをニューヨークのダンサー達の支持を獲得したことが

一番大きく、そこから発展を遂し、色々な分野に広がっていきました。


毎日続けることで、インナーマッスルが鍛えられ、骨盤のゆがみなどが
矯正され腰痛などがひいていくという事例もあるようです。

ピラティスとは?の関連記事

▲ピラティスとは?トップに戻る