ピラティスボールの選び方

■ピラティスボールを選ぶ

ダイエットにも使われるピラティスボールはバランスボールのようなエクササイズ専門グッズを使うのが一番いいのかもしれませんが、小さめなものが欲しければ子供が遊びに使う軽いビニール製のボールを選択すると言う選び方もあります(へたれやすいという欠点はありますが)。

どういう所に行けばそういう子供用のボールが見つかるのかというと、赤ちゃん用品店に行くとそういったボールは見つかります。
色もカラフルなので、どれにしようか選び方にも迷ってしまうかもしれませんね。


■ピラティスボールについて

ピラティスボールはその名の通りピラティスに使うボールなのですが、腰を浮かすポーズをとるのを手伝う他(本などで腰を浮かす方法は痛いですし)にも、マット運動だけになりがちのエクササイズの種類が増える楽しみが増えるなど、ダイエットしたい初心者からピラティス慣れした上級者まで様々な方にお勧めなんですよ。

またピラティスボールは選び方も簡単な上自分で空気を入れて柔らかさを調節できるものが多いのが大きな特徴です。
これによって、初心者はクッション状にしてポーズをとるのを手助けさせたり、上級者はちょっと固めにして使わない筋肉を鍛える...というような効果的な運動ができるようになるんですよ。


■ピラティスボールの選び方

ピラティスボールの選び方で一番気になるのは「大きさ」。
ピラティスで使うものの大きさは動画や画像などを見ても大体20から26cmで、これはロールアップをやるときや脚に挟んでエクササイズするときの自分の傾き具合や足の開き具合に合わせて選び方を変えていくといいと思います(ちなみに市販のバランスボールは直径40から60cmとかなり大きいので、ピラティスに使うと言うのはかなり難しいかも)。

一般的によく購入されているものとしてはこちらになります。

Lucky West(ラッキーウエスト) ヨガボール パールホワイト LG-321
評価:★★★★☆
コメント:大きさがちょうどいい。せまめの我が家でも邪魔にならないくらい。

あとピラティスボールはどれもほぼ同じ為素材の選び方を考えようが無いので、好きな色の物を選ぶといいと思います。
明るい原色の物のほかに淡い色もあるので、家のインテリアにあわせたりして選び方を色々変えるのも楽しいと思います。


■効果的にピラティスボールを使う

初心者の方などはいざボールを使ったエクササイズをしようとしてもボールが逃げてしまってうまくできないという方もいるのではないかと思います。
本や画像・動画を見ても、マット運動に比べ上手に使う方法や選び方はあまり載っていないから、際困ってしまいますよね。
そんな方は、足付きピラティスボールという選び方をするのもいいですよ。
イタリアメーカーのギムニクは「シッティングボール」という名前で脚付きのボールを打っているのですが、一番小さい45cmのものならばピラティスにも使えると思います。

ピラティスボールの選び方の関連記事

▲ピラティスボールの選び方トップに戻る