ピラティスのコツ

■ピラティスを続けるコツ

ピラティスだけでなく、あらゆるエクササイズを飽きずに続けるには「いきなりグッズなどをたくさん使ってハードにやらず、でもきちんと効果を感じられるようにやる」ということ。
ここでいう効果というのはいきなり即痩せダイエット!といったものではなく、なんだか体の調子が良くなる(腰痛の改善などですね)などのちょっとしたものです。
体の調子が良くなったら、何となく続けたくなりますしね。
そのためには、やはり正しいエクササイズの方法を学ぶことが必要です。
本やDVD、NHKのプチ講座もいいですが、しっかりとコツをつかみたい方はやはりスタジオに通ったり、身近に経験者がいる場合はコツなどのレクチャーを受けるといいと思いますよ。


■ボールを使用するピラティス

ピラティスといえばヨガのようにマット運動、というイメージをお持ちの方もいると思いますが、その補助としてボールなどのエクササイズグッズを使うのもいい考えです。
こういった運動で使うボールは中に入れる空気の量を調節できるので、クッションのようにして腰の下に敷いてロールアップなどをすると、初心者の方は楽にできると思います。
コツとしては、最初にボールに入れる空気は控えめにしておくこと。空気をパンパンに入れると腰が上がりすぎる上フォームが不安定になり、ケガの元になりますので注意してくださいね。


■マタニティピラティスのコツ

妊婦さんの間では妊娠中・産後のマタニティエクササイズとして注目を浴びているピラティスですが、きちんとコツをつかんで動くと効果はアップするので、ちゃんと動き方などの基本的な方法は勉強はしておきたいところです。
ここでの大切なコツは「自分の骨盤をどう動かしているのか」ということを意識すること。
ただ漠然とDVDや本を見ながらだと「あー体動かしたな」で終ってしまいますが、このコツを守ることで随分と変わってきますので、一度試してみてくださいね。


■ピラティスダイエットのコツ

やはりピラティスをする方の目的はやはりダイエットが多いようですね。
ダイエットをするときのコツはやはり「自分に合っているかどうか」ですが、このエクササイズには様々な流派(NHKで流しているミニ講座のもその中の一つです)があるので、自分の正確や体質に合ったものを選んだほうがやはり長続きすると思います。
色々見て好きなものを選びたいという方は、様々な流派のピラティスを取り扱っているスタジオに通ってみるといいと思います。
東京には「ピラティススタイル」という複数の流派のインストラクターのいるスタジオがありますので、体験教室に行くのもいいですよ(料金は2100円)。

ピラティスのコツの関連記事

▲ピラティスのコツトップに戻る