ピラティスボール

ピラティスを行う上でなくてもいいかもしれませんが、プログラムの中に一部含まれていますし
ピラティスボールも手に入れておいた方がよいかもしれないので、こちらで紹介いたします。

ピラティスボールの選び方についてはこちらを参照してください。
(参照:ピラティスボール 選び方

エクササイズボール(フィットネスボール) レッド
おすすめ:★★★★☆
ポイント:最大直径55cm。ピラティスをするには少し大きめですが、身長が155cmくらいかただったら問題なく使えそう。
色もいくかあるので好きなものを選べます。

サクライ(SAKURAI) プロマーク バランスボール レベル2 立花龍司監修 TPT0268
おすすめ:★★★☆☆
ポイント:最大直径約65cm。ボディーコンディショニングの第一人者の立花龍司氏監修のバランスボール。
一番のポイントは、トレーニング方法などを記載したトレーニングマニュアルがついている点。ボールの最大直径が大きすぎるのが難点。

通常は、ピラティスを行う際には、直径26センチくらいのボールを用いることが多いようですが、代用でバランスボールなどのすこし大きめのものも使用したりします。
やわらか目のボールであれば問題はありません。

主な使い方としては、サイド・トゥ・サイド(マットに仰向けになり足を曲げ左右の床に交互にくっつける運動)などでピラティスボールをはさんだり、ボールに足をのせたりして使用します。
使用することによって、身体の歪みが解消されたり、姿勢が正されたりするのでとても良い道具です。

バランスボールは以前、口コミなどで流行りました。
突発的に人気がでてアマゾンなどでもかなり売れたようです。
色も女性が好むかわいい色があったのと、価格が少し高かったことはありますが買いやすい点がおすすめだったようで
評判は上々だったみたいですね。

これからピラティスを始める方はまずはマットを購入してから次にボールという感じにした方がいいと思います。
ピラティスの運動はほぼマットがないと厳しいものばかりですので、最初にお金を使うならマットですよ!

ボールは慣れたら購入するようにしましょう。

ピラティスボールの関連記事

▲ピラティスボールトップに戻る