ピラティスのインストラクターになろう!

■ピラティスのインストラクター

DVDがたくさん発売されているのに、ピラティスを学ぶ為にスタジオに入会する人が多いのは、やはり「インストラクターの指導があるから」というのが大きいのでしょうね。
スタジオに入会する際は、自分に合いそうなインストラクターさんを探すのも大切なポイントのひとつです。
都内のピラティススタジオのウェブサイトには、講師の一覧などが掲載されているところもあるので(なぜか写真付き)、なんとなく合いそうな人の指導時間に合わせて通うというのもいいかもしれませんね。


■ピラティスインストラクターになるには

ジムなどで指導を行っているインストラクターは、フリーランス(嘱託社員)であることがほとんどで、正社員を登用しているところはほとんどありません。
インストラクターをして私は食べていくの!という夢を持つのは少々難しいかもしれません。

また、正社員の登用を行っているBASIピラティスでも、資格やスキルによっては正社員ではなく契約社員や嘱託社員扱いになることも多く、給料もスキル次第、という厳しい現状です。
(しかもその給料査定のスキルチェックはかなり厳しいのだとか)
転職をしたい!という方は、養成講座にも通ってしっかりと知識とたくさんの資格を取得しておく必要がありそうですね。


■インストラクターの募集情報

ピラティスのインストラクターの募集情報はどこに載っているのかというと、スタジオやジムのホームページの求人にちょこっと載っていることが多いです(しかも、ちょっとわかりにくいので隅々まで見る必要があります)。
よく求人であるのが、「○曜日の午前(午後)」など、アルバイトのように勤務時間を指定したもの。

そのため、インストラクターを本職にして生活している方の中には複数のスタジオで働いて稼いでいる方もいるということで、転職してピラティスを教えてご飯を食べたい、という方は広い範囲から情報を仕入れるようにしたほうがよさそうです。


■ピラティス講師の養成講座

米倉涼子さんをはじめとした芸能人の方が通うなどして注目が集まっているのが、ピラティスインストラクターの養成講座です。
中には初心者向けの講座もあるので、理論?実践までを一気に覚えてエクササイズに役立てたいという方にもいいと思いますよ。

実際、そういった初心者OKの養成講座は「実際に指導はするつもりはなく、知識をもっと深めたい」という目的を持って受講される方がほとんどのようです。
ピラティスは理論を非常に重んじる運動なので、より運動効果を得たいと思っている方は受講するといいかもしれませんね。

ピラティスのインストラクターになろう!の関連記事

▲ピラティスのインストラクターになろう!トップに戻る