ピラティスで腹筋を鍛える

ピラティスで腹筋を鍛えると見た目的にも綺麗な腹筋になります。
私の友人はとても恐ろしいくらいお腹がでていて、あまりにもひどかったのでピラティスをすすめてみました。
お腹周りは20代後半であるのにも関わらず、中年を超えた人のように丸太のようなお腹になっていました。

しかし、ピラティスのDVDを見ながらすこしづつ毎日コツコツとやり続けることによって一か月すると内側の方に筋肉があるのでは?と感じるようになったと言っていまいた。

ピラティスはそもそもインナーマッスルを鍛えることができるエクササイズになるので、筋トレのようなきつい腹筋運動を行うというよりも呼吸法などを工夫しながら行うのであまりきつくはないです。
しかし、正しいピラティスの運動を行っていると、汗などはしっかりでますので、効果があるということが実感できると思います。

女性にはピラティスが特におすすめです。
それは、きつい運動ではなく内側から筋肉をつけることで綺麗なスタイルになるからです。
ダイエットをやっている人にもおすすめできる鍛え方になります。

DVDに関してはこちらからご覧ください
(参照:ピラティス DVD)

一日5?10分くらいの短いピラティスの運動を毎日続けることがとても重要だと思います。
何事もそうですが、毎日コツコツ継続すると数日するとものすごいことになっています。
最近話題の勝間和代さんが提唱する内容で一日0.2%の改善を行うと一年で200%の改善ができているといいます。
これは単利で計算しているわけではなく複利で行うことなのですが、1年後に自分の能力が2倍になっていたら普通に腹筋がついていると思いませんか?

スタイルのいい自分を想像しながら毎日エクササイズを行うとより良いですよ。
イメージをしてエクササイズを行うのとイメージをせずに行うのでは結果は全然違ったものになります。

素晴らしい体型になるようにがんばりましょう!

ピラティスで腹筋を鍛えるの関連記事

▲ピラティスで腹筋を鍛えるトップに戻る