運動不足を解消するには

運動不足の解消には、運動をする習慣を身につけるのが先決です。 日頃から運動しない人は、社会人だけではなく学生(小学生・中学生・高校生・大学生)などはもちろん、主婦などにも該当します。 なぜ運動しないのかというと、面倒だからというのと運動をする機会がない。 運動をしないことによって太ったり、ストレスがたまったり、体がだるくなって体調にくるなど色々な弊害があります。 そこで、一週間に数回でもいいので運...詳しくはコチラ

体がだるい時には

体がだるいと感じる人は、色々なタイプがいるようです。 その中でも多いのが、だるいと感じる症状の中で、ちょっと動いただけで「疲れやすい」と感じたり「朝、眠い」と感じたりというもののようです。夏の場合にはただ単に夏バテが考えられます。 一時的な場合なら良いのですが、慢性的なもの場合には体の病気などの可能性を考えた方がいいかもしれません。 通常、体のだるさや疲れ、倦怠感については、疲れている場合には、体...詳しくはコチラ

ピラティスでダイエット

■ピラティスでダイエット ピラティスというと、ヨガっぽい動きだから運動ダイエットというよりはどちらかというと整体っぽいイメージをお持ちの方もいると思います(私もその一人でした)。 確かにピラティスはどちらかというと健康を維持するために開発されたエクササイズですが、これを運動として取り入れると「骨盤などの、体の骨の位置が正しい位置に戻るそのおまけとして、背中がしゃきっと伸びて姿勢が良くなったり、内臓...詳しくはコチラ

ピラティスを男性が行う場合

■男性とピラティス 日本ではピラティスやヨガ=女性が行うエクササイズ、という先入観をお持ちの方が多いようですが、 元々このエクササイズは「男性の動きのポーズをいかに矯正するか」という理念の基に作られている動きですし(ちなみに、男の人の場合は股関節や胸を矯正させるのがメインになるそう)、 米国では多くの男性がインストラクター資格を取得しています(日本にもまだ人数は少ないですがインストラクター資格を取...詳しくはコチラ

ピラティスは妊婦でも大丈夫?!

■妊婦がピラティスを実行する利点 マタニティビクスや水泳など妊婦さんの運動教室は数多くありますが、なぜここまでピラティスが人気を集めるのでしょうか。 マドンナのような、海外の子持ちセレブが実践しました!というのもあると思いますが、やはり一番の理由は「妊婦にぴったりの効果が望める」というのが大きいと思います。 というのも、ピラティスの方法自体が妊婦さんがお産に向けての体力づくりにとても適したものであ...詳しくはコチラ

産後の腰痛の悩み対策

■腰痛は産後だけではない 産後に腰痛持ちになる女性は多いといいますが、妊娠中に腰痛持ちになりそれが産後になってさらに悪化する、という人は意外と少なくありません。 その原因の一つには、お腹の中に赤ちゃん(3ー4kg)+羊水・胎盤その他(大体5kg)がいたため。 これらを10ヶ月間ずっと腰(骨盤)で支え続けたために腰の骨などが歪んでしまったというもの。 ふとしたことでぎっくり腰になるという方もいるので...詳しくはコチラ

▲タイプ別トップに戻る